【食育】和食中心の食事に変えて、栄養バランスを整えよう

食育

お米が消費されずに減反政策が取られている日本。

パンの方がお手軽に食べれると思う人もいるでしょう。

お米を食べるメリットってなんでしょうか。

今日は、食習慣と和食について考えてみようと思います。

前回の食育についての記事はこちら!

次の記事はこちら!

偏りのない食事が「好き」を増やす

人の生涯の食習慣は、幼少期に好きになった食べ物の組み合わせで作られていく、という話を聞いたことがありますか?

つまり、子どもの頃から好きな食べ物は大人になっても好き、逆に嫌いな物は大人になっても苦手、ということが多いんです。

そして、大切なことは、周りの大人の働きかけと工夫次第で、好きな物がどんんどん増えていくということです。

子どもにとって、初めての食べ物を口にするのは、結構勇気がいることだったりします。

そんなの時は、「これ、おいしそうだね」「お母さんも大好きだよ」と声を掛けるなど、楽しく興味が持てる食事の場を作ってあげましょう。

幼い頃から偏りなく食べる機会が多いほど、「好きなもの」は増えていくのです。

では、私たちにとって偏りのない理想の食事とはどんなものでしょう?

それはいわゆる和食の汁三菜”です。

お米を主食に、魚や野菜、汁物をバランス良く摂取できる和食は、優れた食事スタイルとして世
界中から注目を集めています。

そして、大切なことは、まわりの大人の働きかけと工夫しだいで、好きなものがどんどん増えていくということです。

主食のお米が健康的な食生活のカギ!

人間は昔から、それぞれの民族が暮らしている気候風土にあった食べ物を摂ることで、最も健康的な生活が送れるよう、体のしくみを進化させてきました。

中でも日本型の食事スタイルに欠かせないのが、主食のお米。

お米は体のエネルギー源となる炭水化物が多く摂れ、また味にクセがないので、魚、豆類、野菜などさまざまな食材と相性が良いのが特徴です。

お米を主食にした和食を、パンを主食にした洋食と比較してみたのが下の表です。

和食では色のついた野菜の抗酸化物質や、豆・芋・野菜の食物繊維など、とりたいものが多く取れ、逆に、動物性脂肪や植物油、甘い物はひかえられるというメリットがあります。

しかし残念なことに、近年日本のお米の消費量は減少傾向にあり、休耕田の増加、食糧自給率の低下は深刻です。

ですがその一方で、安心・安全な食材を求める意識が高まり、和食の良さも再認識されています。

「毎日何品もおかずを作らなきゃ!」と、気負わなくて大丈夫。

まずは先ほどの表の多く摂りたい食品成分・控えたい食品成分を参考に、いつものカレーや親子丼、お味噌汁の具材を変えてみるだけでいいんです。

少しずつお米を主食にした和食を、定番にしませんか。

私たち、お米の国に生まれたんですものね。

スーさん
スーさん

X(旧Twitter)で最新情報を更新中!

ぜひ、フォローしてくださいね!

X:(旧Twitter):プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました