【健康】感染性胃腸炎の対策・予防

健康

娘の保育園では、夏なのにインフルエンザが猛威をふるっています。

胃腸炎やロタウイルスなども流行っています。

子どもが胃腸炎にかかってしまったときは、どんな風に対応すればよいのでしょうか。

今日はメモとして残しておこうと思います。

特性

感染性胃腸炎

  • ウイルスや細菌などによっておこる病気
  • 昔は秋から冬にかけて流行したが、季節性がなくなってきている
  • 経口感染が主な経路
  • 潜伏期間は24時間~48時間

ロタウイルス感染症

その中でもロタウイルスは以下の症状がでます。

  • 乳幼児が多く罹る
  • 高熱と下痢が白くなることが特徴

便がいつもより白いと思ったら要注意です。

ノロウイルス感染症

ノロウイルスだと以下の通りです。

  • 大人も感染し、家族内感染、集団感染しやすい
  • 感染力が極めて強く、便1g中に10億個のウイルスが含まれる
  • わずか10個で感染が成立すると言われている
  • 吐物や下痢だけでなく、汚染された水・食品、汚染された環境(食器・ドアノブ等)を触った宝も感染する。

感染力がすごく強いので、一家全員倒れるという話をよく耳にします。

治療法

  • 根本的な治療はない
  • 下痢やおう吐はウイルスを体外の排出するための人間の防衛反応
  • 吐き止めや下痢止めは逆に容態を悪化させることも。

特に水分をよく取らなければいけません。

水分補給には、経口補水液(OS-1)がよいです。

下痢の時は、早めに飲み始めましょう。

量は基本的には飲める量を無理せず取れば自由です。

子どもの嘔吐の場合でも、少量を何度も与えるようにしましょう。

「飲ませると下痢にをするから飲ませない。」というのもありますが、それは誤りです。

下痢は大腸の炎症により、腸の血管から水分がしみだして下痢が起こります。

つまり飲んだ水分が大腸に到達して下痢になるのではなく、飲まなくても下痢は起きてしまいます。

だから失われた水分を補うことが大切です。

嘔吐が止まれば、食事や母乳を早めに与えましょう。

ただし「無理をせず食欲に合わせて消化の良いもの」をあげるようにしてください。

顔色が悪い、ぐったりするということがあれば、脱水症も疑われます。

早めに小児科を受診するようにしましょう。

⇓下痢やおう吐についてはこちらに詳しくまとめてあります⇓

予防法

治療法がない以上、予防が重要になってきます。

基本は手洗いで予防をしていきます。

大人を含め、感染経路が最も多いのは、吐物と下痢(おむつ)からの感染です。

吐物の処理やおむつ替えの際は、手袋をして、手を口の周りに持っていかないようにしましょう。

汚染したおむつなどをビニール袋に密封して捨てるなどの対策が必要になってきます。

消毒法

ロタウイルスなどのウイルスはアルコール消毒では殺菌できません。

そのために、85℃以上で1分以上の加熱、あるいは0.05%~0.1%に希釈した次亜塩素酸ナトリウム(家庭にあるハイターのような消毒用塩素)につけます。

次亜塩素酸ナトリウムの希釈は500mlのペットボトルに対して、ペットボトルのキャップ1杯分入れればできます。

特に吐いてしまった床も消毒できるとよいです。

吐物を処理した後、新聞紙を敷き、その上から次亜塩素酸ナトリウムをかけ、15分ほど放置します。

その後、新聞紙を片付けし、水拭きすれば、消毒完了になります。

予防接種

ロタウイルスの予防接種もあります。

生後6週から接種可能です。

接種に関してはかかりつけの小児科さんに相談してみましょう。

まとめ

  • 感染性胃腸炎に対応策はない
  • 手洗いうがいで予防をしよう!
  • もし、かかってしまったら、水分をしっかりとろう!
  • 吐物の処理には、手袋をして感染対策を!

学校でも、対応をしっかりして感染対策を行っています。

気をつけたいですね。

スーさん
スーさん

X(旧Twitter)で最新情報を更新中!

ぜひ、フォローしてくださいね!

X:(旧Twitter):プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました