【夏に流行する病気」ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱、あせも、とびひへの対処法

健康

最近は夏なのにインフルエンザが流行したり、そのほかの感染症が流行したりしています。

昔は病気といえば冬に蔓延するものでしたが、今は季節は関係なくなっています。

娘のこども園でも、「ヘルパンギーナ」という病気が流行しました。

この病気、恥ずかしながら初めて知りました。

「夏カゼ」とはよく聞きますが、夏に多いウイルス感染症のことで、

  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • 咽頭結膜熱

が三大夏カゼと言われているそうです。

また、夏に起こりやすい皮膚病として、あせも、とびひがあります。

今日はこれらの病気についてとまとめてみました。

みなさんの一助となれば幸いです。

夏に注意したい熱中症・脱水症についてもまとめました。

こちらをご覧ください!

ヘルパンギーナ・手足口病・咽頭結膜熱

ヘルパンギーナ

エンテロウイルスによる病気がヘルパンギーナと言います。

乳幼児に多く、高熱が続き、のどの痛みが強く、のどの奥にできる水疱、潰瘍が特徴です。

発熱の頻度は多くありませんが、しばしば口の中の痛みを伴います。

もう一つの特徴に爪甲脱落症があります。

罹患後しばらくして、手足の爪が変形したり、はがれたりすることがあります。

ただ新しい爪がすぐ生えてくるため心配はいりません。

口の中の痛みが強い場合、暑さとも重なり、乳幼児では脱水症への注意が必要です。

無理に食事は与えす、のどごしがよく、痛みの少ないもので、水分補給をしていきましょう。

脱水が深刻な場合はOS-1を使うと良いです。

ゼリータイプもでているので、こういったものを使うのも大切です。

created by Rinker
¥4,180 (2024/03/01 20:12:00時点 楽天市場調べ-詳細)

手足口病

手足口病も同じウイルスによるものです。

ヘルパンギーナの症状に加え、手のひら、足の裏や口の中の水疱が特徴で、ひざや肘から先に紅斑が出ます。

肛門周囲に出ることも多く、冗談で「手足口尻病」と言うこともあるそうです。

咽頭結膜熱

アデノウイルスが原因で引き起こされるのが咽頭結膜熱です。

プールを介して流行することもあるので、「プール熱」と呼ばれています。

高熱、のどの痛みと結膜炎(目やに)が特徴で、下痢も比較的多く見られます。

伝染力が強いため家庭内ではタオルを別にするなどの感染対策も重要になります。

学校でも出席停止扱いになります。

症状がなくなってから2日経過するまで、学校に出席することはできません。

これらの感染症はワクチンはなく、もっぱら対症療法となります。

夏の皮膚の病気 あせも・とびひ・虫刺され

あせも

汗によるかぶれと誤解されがちな汗疹(あせも)も子どもに多く見られます。

汗をかきやすく、汗を出す能力が不十分なことが原因となり、皮膚の中に汗がたまる状態をあせもといいます。

皮膚に水疱ができるのが特徴で、これだけでは痒みなどはありません。

溜まった汗や汚れの影響で炎症が起こると赤くなり、痒みが出てきます。

頭や首の周り、わきの下、背中など、汗を多くかく部分に見られるのが特徴です。

大事なのは予防とケアです。

暑さを避けるのはもちろんですが、皮膚を清潔にするために、汗をかいたらこまめに拭き取る、洗い流すことが必要です。

痒みや赤みが強い場合には治療が必要となります。

とびひ(伝染症膿痴疹)

とびひも夏に多く見られます。

虫刺され、湿疹などを、つい、爪でかいてしまった傷から細菌が入り、かゆみをともなう水疱やかさぶたができます。

かくことによって広がるため、火事の「飛び火」から名前がつきました。

場所は限定されませんが、手が届くところに広がるのが特徴です。

軽いうちは軟膏で治りますが、子供の場合は、抗菌薬が必要となることがほとんどです。

湿疹やあせものスキンケアで予防することが大切です。

広がり始めたら早めに病院にかかりましょう。

また、伝染を考え、患部をガーゼで覆う、裸同士では遊ばせない、プールを控えるなど工夫も必要です。

ただし入浴は、体を清潔にするために入りましょう

汚れは石鹸などでしっかり落とし、汗をこまめに拭き取り、シャワー等で清潔を心がけましょう。

常備薬

あせもや、おしりかぶれ、できれば悪化する前にお家でケアをしてあげたいですよね。

そこで、「コートfMD軟膏」があります。

子ども・赤ちゃんのデリケートあ肌に合わせた強さのステロイドを配合しています。

刺激の少ない軟膏タイプで、赤ちゃんの「あせも」や「おむつかぶれ」だけでなく、おとなのかぶれなどにも使えます。

ステロイドというと、赤ちゃんに使ってよいか心配になりますね

ただ、患部を爪でかくと、なかなか治らないだけでなく、かき壊した傷口から細菌が増え、化膿しやすい状態になります。

そこで、あせもやかぶれにはかゆみを早く収めるのが大切です。

十分な抗炎症作用をもったステロイド外用剤で炎症の悪化サイクルを断ち切るのが大切です。

ステロイド外用剤は成分の強さにランクがあり、この薬は「ウィークランク(弱い)」になっています。

デリケートな赤ちゃんの肌にも使えるものです。

強いステロイドがいいのではと考える方もいるかもしれませんが、赤ちゃんの肌は薄いので、薬の成分がよく浸透します。

作用が優しいステロイド剤でも十分な効果が期待できます。

薬局やドラッグストアで購入できます。

ただ、こんな症状が出ている場合はすぐにお医者さんに相談をしてください。

  • 5~6日すぎても症状がよくならない場合
  • 薬を塗る面積が、その子供の手のひら2~3枚より多い時
  • 患部がひどくジュクジュクしてたり、膿んだりしている時

最後に

夏には特有の病気が流行します。

他の感染症の予防に努めながら、それぞれの特徴を理解し対応していきましょう。

保育園でも流行した時には、細心の注意が必要です。

アンテナを高くして、情報を集めましょう。

スーさん
スーさん

X(旧Twitter)で最新情報を更新中!

ぜひ、フォローしてくださいね!

X:(旧Twitter):プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました