【健康】赤ちゃんが子どもの熱中症・脱水症・隠れ脱水になったときの対処法

健康

夏、最近は暑すぎますね。

暑すぎて、プールや水遊びも保育園でなくなり、教室で遊ぶという日々が続きます。

夏休みに入り、家庭でも熱中症・脱水症には注意して見ていると思いますが、もう一度何に気をつけないといけないか一緒に勉強をしましょう。

夏に罹りやすい病気について、こちらにもまとめました。

ぜひご覧ください!

子どもは熱の影響を受けやすい

体は外から熱を受けたり、熱を体から逃したりして、体温を36度~37度を保とうと調整します。

ただ、大人よりも、子どもの方が熱の影響を受けやすく、体調を崩しやすいです

例えばやかんでお湯を沸かす時を創造してみてください。

水の量と火力、やかんに日が当たる部分の面積でどれくらい水が早く沸騰するか決まります。

同じ火力でも、水が増えれば、沸騰するまで時間かがかりますし、火の当たる面積が広ければ、短い時間で水は沸騰をします。

子どもは大人に比べて、体重1kgあたりの皮膚の面積が広いです。

つまり、暑い所では、子どもの方が大人よりも熱の影響を受けやすく、体が熱くなりやすいのです。

さらに日なたでは、地面からの照り返しがあります。

身長の低い子どもたちは、大人よりも地面により近いので、熱の影響を受けやすくなります。

また、筋肉を動かすことで、体は熱を作ります。

寒いときに、ガタガタと震えるのは、筋肉を動かして、熱をつくり出して、体を温めているのです。

軽い運動でも、子どもは大人より体重1kg当たりの熱をつくり出す量が多いため、暑い日のちょっとした遊びでも子どもの体温は上がりやすいのです。

逆に冬でも、子どもが外で薄着で運動できるのは、ちょっとの運動で体が温まるからなんですね。

子どもは汗っかき…ではない

体が熱くなると、汗をかきます。

子どもはあせっかきで、繊細です…なんてCMがありますが、実は子どもは汗っかきというわけではないようです。

体温が上がると、汗をかき、汗が蒸発するときに体から熱を奪うことで、体温が下がります。

子どもは汗が出始める体温が大人よりも高いのです。

つまり、体温が上がってもなかなか汗をかけないので、体温が上がりやすいのです。

また、短時間にたくさん汗をかくことも大人よりも苦手です。

つまり、子どもたちは汗をかいて体温を調整することが苦手なのです。

子どもは熱がこもりやすいというのはこういう仕組みがあるのです。

脱水症とかくれ脱水

生まれたばかりの赤ちゃんは体重約80%が水分、1歳ころまでに70%になります。

赤ちゃんや小さな子供は、体の中の水分量を保つために体重約1kgあたり、100mlから120mlの水分が1日に必要です。

逆に1日に同じ量の水がおしっこや汗として体から出ていくのです。

人間は体に入ってくる水が減ってくると、おしっこの量を減らして、体の中の水分量を一定量に保とうとします。

しかし小さな子供や赤ちゃんではこの機能が未熟です。

したがって大人より、体の中の水分が足りなくなる「脱水症」になりやすいのです。

脱水症は体の中の水分が多く失われるほど症状がはっきりしてきます。

  • 体重の2%以下の脱水
    ―のどの渇き
  • 体重の4~5%の脱水
    ―口の中がかわく
    ―おしっこの量が明らかに減る
    ―元気がないor興奮状態
  • 体重の10%の脱水
    ―ぐったりする(周りに興味を示さなくなり、刺激しても反応がにぶくなる。抱き着く元気もなくなる)
    ―皮膚のハリがなくなる
    ―瞼が落ち窪む
    ー手足が冷たくなり、青白くなる

体重2%以下の脱水では「のどの渇き」以外症状がないため、脱水になっていることに気づきません。

これが、「かくれ脱水」です。

まだ、言葉が離せない赤ちゃんや小さい子は「のどが渇いた」と教えてくれません。

また、お話ができる子どもたちも、遊びに一生懸命になると、のどが渇いたことなどを忘れて遊びに熱中します。

ですので、周りにいる大人が小まめに水分補給するように促す必要があります

熱中症

暑い環境の中で、自分の体温が上手く調節できなくなった状態が熱中症です。

熱中症は重症度により、Ⅰ度からⅢ度に分けられています。

  • Ⅰ度(軽症)
    おもな症状 めまい、失神、大量の発汗、筋肉痛、こむら返り
    治療 通常では現場の対応が可能→冷所での安静、体表冷却、経口補水液による水分と塩分の補給
    その後の対応 Ⅰ度の症状が徐々に改善している場合のみ、現場での応急処置と見守りでOK
  • Ⅱ度
    おもな症状 頭痛、嘔吐、だるさ、集中力や判断力の低下
    治療 医療機関での診察が必要→冷所での安静、体表冷却、口から水分が取れれば経口補水液による水分と塩分の補給
    その後の対応 Ⅱ度の症状が出現したり、Ⅰ度に症状が改善されない場合、すぐ病院へ搬送する
  • Ⅲ度(重症)
    おもな症状 痙攣、意識障害、重度の肝障害、腎障害など
    治療 入院→現場での初期対応はⅡ度と同じ。意識がはっきりしないときは、経口補水液を飲ませてはいけない
    その後の対応 すぐに救急要請。Ⅲ度かどうかは救急隊員や病院到着後、診察によって診断される。
created by Rinker
¥4,180 (2024/03/01 20:12:00時点 楽天市場調べ-詳細)

子どもたちの熱中症はⅠ度(軽症)がほとんどですが、中にはⅢ度(重症)になり、死亡する子どももいます。

死亡例の多くは、夏場に車の中に子どもを放置する、停めてあった車に子どもが勝手に乗り込んで、チャイルドロックがかかっているため、出られず閉じ込められてしまったなどの事故や虐待です。

以前、福島県で学校で部活動をしたあと、下校途中に熱中症で死亡したというニュースが流れました。

下校中のどこかで暑さと疲れから、Ⅱ度の熱中症になり、そのまま動けなくなり重症化したことが想像されます。

体の中で水は、車のエンジンの冷却水のような働きをしています。

冷却水がなくなると、エンジンがオーバーヒートして故障してしまうのと同じように、体の中の水分が不足している状態=脱水になると、熱中症は起こりやすくなります。

また、汗からは水分と一緒に塩分が体から出ていきます。

汗をたくさんかいているのに、塩分の含まれない水やお茶ばかり飲んでいると、塩分の足りない脱水になり、これも熱中症の原因となります。

汗をたくさんかいた後は、ベビーイオン水や経口補水液で水分と塩分を補給しましょう。

最後に

熱中症は気温が最も高い8月よりも7月中旬から下旬の方が多く発生しています。

これは体が熱さに慣れていないためです。

普段からエアコンをつけて、体温が上がりにくいようにするのも大切ですが、暑さに少しずつ慣れるのも大切です。

エアコンの設定温度にも気をつけながら、熱中症・脱水症にならないように夏を乗り切りましょう。

スーさん
スーさん

X(旧Twitter)で最新情報を更新中!

ぜひ、フォローしてくださいね!

X:(旧Twitter):プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました