【虫歯・予防】虫歯の予防をしよう!フッ素とシーラント


みなさんはお子さんの大切な歯がむし歯にならないようにどういったことに気をつけていらっしゃいますか?

甘いものを食べすぎない。

食べたら歯みがきをする。

どれも大切な事ですが、今回は小児期にやっておくとよい「むし歯になりにくい歯」へ育てるための方法を紹介したいと思います。

生え始めたばかりの歯は、強さ・形態においてむし歯になりやすいといえます。

そしてその時期の手入れの仕方によってその後の歯の質〈むし歯になりやすさ〉に大きく差が出ると考えられます。

そこでおすすめの方法はフッ素の使用と、シーラントの処置です。

以前の記事はこちら!

むし歯抵抗性を高めてくれるフッ素

フッ素は、むし歯予防の代表的な方法です。

むし歯菌の出す酸によって歯が溶かされてしまうのがむし歯です。

フッ素は歯質のむし歯抵抗性を高めてくれます。

フッ素が十分取り込まれた歯とそうでない歯では歯が溶け始める酸性度に違いがあります。

小児期の歯はフッ素の取り込みが旺盛ですので、この時期のフッ素の使用は非常に効果的であり、
歯の質を高めておくことで大人になってからのむし歯リスクも低減させることができます。

フッ素を塗るには液体タイプの物を口に含む場合と、歯医者さんでフッ素を塗ってもらう方法があります。

小学校だと、定期的に液体のフッ素が配付されて、給食後にフッ素洗口を行っている学校もあります。

液体タイプは、歯医者さんで行うフッ素塗布よりも弱いものです。

定期的に歯医者さんでフッ素を塗ってもらい、虫歯にならない歯を作っていくことが大切です。

歯の溝に汚れが入り込むことを防ぐシーラント

続いてシーラントについてです。

あまり聞きなれない言葉ですよね。

シーラントとは歯の溝を物理的に封鎖し、シーラント材の中に含まれるフッ素により再石灰化作用
を促進したりする手法です。

歯は物を噛んですりつぶすためデコボコした形をしています。

特に奥歯の溝は深く一度汚れが入ってしまうとなかなか取り除くことが難しい場合があります。

そこへシーラントを流しておくことで汚れが入り込みにくい形態へコーティングすることができます。

シーラントは永久に保持されるとは限りませんが取れたり欠けたりした場合には、再度塗布することで高い予防効果を維持できます。

そのため、歯科医院での定期的な確認が推奨されます。

最後に

歯やお口の健康を維持するためには適切な生活習慣や定期的な歯科検診が必要です。

治療が必要になる前に予防ができることもあります。

お子さんの健康な歯やお口のために歯医者さんへ行かれてみてはいかがでしょうか。

※今回の記事では分かりやすくする為に、歯科で使用するフッ素化合物をまとめてフッ素と表記し
てあります。

スーさん
スーさん

X(旧Twitter)で最新情報を更新中!

ぜひ、フォローしてくださいね!

X:(旧Twitter):プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました